ブログ

@sylph_amw シルフのツイッタ―をフォローしてね!

25th_bunner

fututuka300-94

home,honey,home特設ページ

160226_シルフ

mahoplus-bn

登場人物みんな悲恋の物語『この恋に未来はない』が、シルフ6月号で巻頭カラー付き☆

2017年04月29日

トランスジェンダーの苦悩と恋を描いた衝撃作『この恋に未来はない』
現在発売中の「シルフ6月号」では、巻頭カラー付きです。
.
1
.
『この恋に未来はない』
作画/粉子すわる
原作/森橋ビンゴ
.
この作品は、トランスジェンダーである主人公・雄二の苦悩と悲恋をメインに描いていますが、
「悲恋」に関していうと、雄二だけではないんです。
.
そこで本日は、雄二以外の「悲恋」についてもご紹介☆
まずは、人物相関図をご覧ください。
.
この恋相関図fix
.
全員、叶わない恋をしているのがわかりますよね。
.
.
体が男性だからという理由で、正樹に想いを伝えられない雄二。
家の事業のため、好きでもない男と婚約しているエツ子。
特定の彼女を作らず、エツ子にとって都合のよい男を演じている正樹。
正樹に女として見てもらえない鮎美。
.
.
タイトルの通り、皆『この恋に未来はない』と感じています。
.
そんな切ない本作ですが、「シルフ6月号」に掲載されている第7話では、
一部の恋が大きく動き始めました。
.
3
▲大学をやめると言い出した正樹を、問い詰める雄二。
.
4
▲そこへ、スカート姿で登場した鮎美。
正樹が大学をやめると知っていることや、醸し出す雰囲気から、
雄二は2人の間に何かがあったのだと察する。
.
5
▲エツ子も、正樹と鮎美の姿を見て苦渋の表情を見せ……。
.
正樹をめぐり、雄二・鮎美・エツ子それぞれの想いが絡み合い始めました。
それぞれの想いは激しさを増していき――。
.
気になる続きは「シルフ6月号」をチェックしてくださいね。
.
.
ちなみに現在、コミックス第1巻の書籍・電子書籍ともに発売中ですが、
GWに、ぜひ第1話から読み直してみるのがオススメです☆
.
なぜなら、原作・森橋ビンゴ先生の産み出す巧みなプロットに隠された、数々の伏線が見つかるかもしれません……☆
.
電撃コミックWEBでは第1話が無料で読めるので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

g-style.dengeki