ブログ

@sylph_amw シルフのツイッタ―をフォローしてね!

25th_bunner

fututuka300-94

home,honey,home特設ページ

160226_シルフ

mahoplus-bn

『Home, Honey Home』単行本&CD発売記念★カウントダウンSS<その4>

2016年06月22日

「俺が君の父親だ」
_
そんなセリフを言う男が4人
正直、全員うさんくさい
それでも、もしかしてこの中に本物がいるのかも……
_
そんな大人たちに翻弄される、“自称父親”ビジュアルストーリー『Home, Honey Home』
いよいよ本日、6月22日(水)は単行本第1巻の発売日です!
特設ページもオープン!
_
hhh300-94

_

同日発売のシルフ8月号では、表紙とドラマCD付録に登場。さらに6月27日(月)シチュエーション&ドラマCDも発売されますよ。
「HHHスペシャル月間」に乗り遅れないでくださいね!
_
そして、毎週更新「カウントダウンSS(ショートストーリー)」は今回が最終回!
第4回目の今回は、正体不明のストーカー(仮)・駒生葉介(こまきようすけ)のお部屋に訪問しますよー。
_
YC_color-200
_
本当の父親を見極めるため、主人公・一花が取った選択は「“自称父親”たちとの同居」
葉介が自分の部屋に選んだのは、竹林が見える一室。理由は「玄関に近いから」!?
_
_
*=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=*
_
★★スペシャルカウントダウンSS★★
~ act.4 駒生葉介(こまきようすけ) 
_
_
「一花だ。一花が来た」
_
まるで家庭訪問を喜ぶ小学生みたいに、葉介さんはうれしそうに私を出迎えた。
_
「いいですか、葉介さん。私は葉介さんが部屋を大事に使ってくれているか、確認しに来たんです。いわば検査です」
「うん」
_
私は真面目な顔でおどかしたけど、葉介さんには通じなかった。
_
ことの発端は居間での、何気ない会話だった。
_
『ヨウ君の部屋って確か障子(しょうじ)があったよね。穴とか空けて楽しんでそう』
『あいつ犬も連れ込んでるだろ。ひどいことになってんじゃねぇか?』
『葉介君、よくお菓子を部屋に持ち込んでるけど……大丈夫かな』
_
穴だらけの障子、犬が暴れた跡、散乱するお菓子が目に浮かぶ。
相手は大人だけど、無垢な瞳と無邪気な心を持った、子供みたいな人だ。何が起こっても不思議はない。
_
「失礼します」
_
私は恐る恐る部屋に入った。
_
「……あれ?」
_
大きな旅行カバンがあるだけで、それ以外一つも物がなかった。他の3人と比べて、生活感がない。
葉介さんが住み出す前と、部屋は何も変わってなかった。
_
「……物、全然置いてないんですね」
「んー、そうだね」
「洋服は?」
「キャリーケースに入ってるよ。キャリーケースはクローゼットにある」
「洋服ダンスがあるのに?」
_
葉介さんはあんまり服を持ってない。3着くらいの服を着回してるみたいで、たまに洗濯が出来なかった時は、勝手に誰かの服を着ている。
_
「服買おうと思わないんですか? あと他にも、必要な物もあるでしょう?」
「んー」
_
葉介さんは気のない返事をした。
_
「俺、今までホテルとかテントで暮らすことが多くて、自分の部屋って言える場所がなかったんだ。だからあんまり物を持つの、好きじゃなくて」
「…………」
「身軽なのが一番だよ。部屋が広く使えるし、身動きが取りやすい。出るときも楽だしね」
_
そう言って、葉介さんは穏やかな笑みを浮かべた。
_
「…………」
_
ここは葉介さんの部屋だから、好きに使ってもらうのが一番。彼が楽だと言ってるんだから、私が口を出すことじゃない。
_
でも、胸にさびしさが突き刺さる。
身軽が一番って、出るときに楽って。
まるでこの家から離れる日が来ることが、決まってるみたい。
_
「一花? どうしたの?」
「…………」
_
私は葉介さんの部屋を飛び出した。そしてある物を持って、戻ってくる。
_
「これ、あげます」
_
私が差し出したのは、ぬいぐるみ。ふかふかな白いクマだ。かわいいものが好きな葉介さんならきっと気に入ると思って、自分の部屋から持ってきた。
_
「すごくかわいい。うれしいけど、どうして?」
「自分の物、増やしていいと思います。ここは、葉介さんの部屋になったんだから」
_
私は思ったことをそのまま言った。すると葉介さんは、
_
「……ああ、なるほど」
_
と小さくつぶやいた。
そしてぬいぐるみごと、私を抱きしめた。
_
HHH_cd-yousuke
_
「一花は優しいね。大好き」
_
葉介さんは幸せそうな表情を浮かべる。
_
「俺は君の側にいるよ。どこにも行かないから」
「…………」
_
この人の心はきれいだ。ちょっとしたことで、こんなに喜んでくれる。私のさびしさや悲しさにも、必ず気づいてくれる。優しい腕で、抱きしめてくれる。
_
「……そろそろ離して下さい」
「んー、もう少し」
「…………」
_
16才になって、突然私の目の前に現れた。
父親かもしれないし、赤の他人かもしれない人。
そんな人に抱きしめられるのは、恥ずかしくて仕方ないけど。
_
この腕を振り払うのは、……すごく難しい。
_
_
Fin.
*=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=*
_
それでは本日(6月22日)発売の単行本第1巻をお見逃しなく!
同日発売のシルフ8月号もゲットしてね★
_
↓過去のカウントダウンSSはこちら!
第1回:水留 蛍 http://sylph.dengeki.com/archives/6136
第2回:由良千晃 http://sylph.dengeki.com/archives/6181
第3回:真堂冬陽 http://sylph.dengeki.com/archives/6188
_
_
2013.9.SCcov_format
【BOOK】
シルフコミックス
『Home, Honey Home』1
発売中
定価(本体600円+税)
発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
試し読みはこちらhttp://dengekionline.com/comic-trial/1606/978-4-04-892201-2/?page=1
_
HHH_bookp1-p4
【CD】
『Home, Honey Home』シチュエーション&ドラマCD
6月27日発売
価格(本体3,000円+税)
発売:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
出演:緑川 光、前野智昭、置鮎龍太郎、谷山紀章
アニメイトステラワースほか各ショップで予約受付中!

g-style.dengeki