ブログ

@sylph_amw シルフのツイッタ―をフォローしてね!

25th_bunner

fututuka300-94

home,honey,home特設ページ

160226_シルフ

mahoplus-bn

『Home, Honey Home』単行本&CD発売記念★カウントダウンSS<その3>

2016年06月14日

父親を自称する4人の男性たち。
全員怪しい気もするし、全員嘘を言ってないようにも思える……。
はたして本物は誰?
_
そんな“自称父親”ビジュアルストーリー、『Home, Honey Home』
今月19日(日)は「父の日」ですね。
シルフでも“お父さん(と主張する男たち)を応援するため、「HHHスペシャル月間」を実施★
_
6月22日(水)単行本第1巻発売!
同日発売のシルフ8月号では、表紙とドラマCD付録に登場!
6月27日(月)シチュエーション&ドラマCDが発売です!
_
そして、シルフ公式サイトでは「カウントダウンSS(ショートストーリー)」を毎週更新中。
第3回目の今回は、仕事中毒の建築士・真堂冬陽(しんどうふゆはる)のお部屋に訪問!
_
YC_color-200
_
主人公・一花は、本当の父親との絆を見つけるために、4人の男たちと一緒に暮らすことを決意。
同居にあたって冬陽が選んだ部屋は、サンルームと隣接した、緑がいっぱいの一室です。
_
_
*=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=*
_
★★スペシャルカウントダウンSS★★
~ act.3 真堂冬陽(しんどうふゆはる) 
_
_
「観葉植物の水やりには、このジョウロを使って下さい。毎日たっぷりあげて下さいね。あ、でもあげすぎは注意です。そして水やりが終わったら、最後に霧吹きで葉に水を吹きかけて下さい」
「……めんどくせぇ……」
_
冬陽さんはものすごく嫌そうな表情で、つぶやいた。
_
「つか説明がなげぇよ。聞く気が失せる。10文字でおさめろ」
「無理ですよ」
「気が向いたら水をやる……10文字」
「気が向いたらじゃダメです!」
_
冬陽さんが選んだ部屋はとても日当たりがいい。だから植物が好きだったおばあちゃんは、ここに観葉植物を置いた。サンルームを除くと、この家の中で一番緑の多い一室だ。
_
「水をあげるだけですよ。小学校の時やりませんでした? 夏休み、アサガオとかミニトマト育てたり……」
「観察記録つけるってやつだろ? 妹にやらせてきた」
_
最悪な兄だ。
_
「手がかかるのは娘だけで十分だ」
「私はもう手がかかる年じゃありません」
「この間熱出したのは誰だ?」
「うっ……」
_
あのときのことを出されると、困る。冬陽さんたちに看病してもらって、かなり優しくしてもらった。でも、それとこれとは話が別だ。
_
「俺はな、こういうの向かねぇんだよ。何かを育てるってことが出来ない人間なんだ」
_
娘(未確定)を目の前にして、ひどい発言だ。16年間会ったことがないから、確かに育ててもらってないけど。
_
「水やりだけでそんなに面倒くさがるなら、きっと私のことを育てるのも面倒だったでしょうね」
_
私はちょっと恨みを込めて言った。すると冬陽さんは怪訝そうに眉をひそめた。
_
「馬鹿か。娘は別だろ」
「どう別なんですか?」
「娘はかわいい。植物はかわいくない」
「!」
_
かわいいって。……この人でもそういうこと思ってるのか。全然そんなそぶりを見せないのに。
さも当然のように言われて、私は顔をそらして気恥ずかしさを隠す。
_
「つーわけで俺には無理だ。勝手に入っていいから、お前がやってくれ」
「緑に癒やされたいって言ってここを選んだのは冬陽さんです。植物に一番お世話になってるんだから、冬陽さんがやるべきです」
「俺がいないときはどうすんだよ。俺、帰らないこと多いぞ」
「そういうときは、私がやります。隣のサンルームの水やりもあるので」
「ならこっちもついでにやれよ」
「……毎日男の人の部屋に入るのはダメだと思う」
_
私は口ごもりながら言った。
_
「……わかったよ。じゃあこうしよう。俺もサンルームの水やりやるから、交代制。だったらいい」
「でもそれじゃ、余計冬陽さんが大変になるんじゃ……」
「その方が枯らす心配がない。……お前のばあさんが大事にしてた植物なんだろ? 責任が重すぎる」
「……!」
_
面倒だから嫌、というより、むしろ枯らしてしまうことが心配だったみたいだ。
_
……そうだ。
冬陽さんはいつだって、私の大事なものを大事にしてくれる。ぶっきらぼうで口が悪くて、すぐ怒る。でも本当は、すごく優しい人。
_
「私たち2人の仕事ですね」
「……ああ」
_
私は小指を立てた。
_
「じゃあ、指きり」
「は!? 何でだよ!?」
「何でって……約束するからですよ」
「この年で指きりなんかやるか! ガキじゃねぇんだから」
「私はおばあちゃんとよくやってました。冬陽さんよりずっと年上ですけど」
「…………」
_
冬陽さんはちょっとたじろいだ。ほどなくして、黙って小指を差し出した。
_
「指きりげんまん、嘘ついたら針千本飲ます、指きった」
_
HHH_fuyuharu
_
Fin.
*=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=**=*
_
次回の更新は来週です。お楽しみに!
_
↓過去のカウントダウンSSはこちら
第1回:水留 蛍 http://sylph.dengeki.com/archives/6136
第2回:由良千晃 http://sylph.dengeki.com/archives/6181
_
_
2013.9.SCcov_format
【BOOK】
シルフコミックス
『Home, Honey Home』1
6月22日発売
定価(本体600円+税)
発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
_
HHH_bookp1-p4
【CD】
『Home, Honey Home』シチュエーション&ドラマCD
6月27日発売
価格(本体3,000円+税)
発売:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
出演:緑川 光、前野智昭、置鮎龍太郎、谷山紀章
アニメイトステラワースほか各ショップで予約受付中!

g-style.dengeki